Web Artisan Blog - ウェブ アルチザン ブログ

携帯:DoCoMo機種だと「無効なデータを受信しました」と表示される件

ASP・VB・Excel

2005年02月15日

ASPで構築した携帯向けサイトの話。

DoCoMo以外の機種では正常に画面表示されるのに、
DoCoMoの場合だけ、「無効なデータを受信しました」とエラー表示する場合がある。

※携帯は機種の違いによって動作が異なるので、以下は対応方法の一例です。
※D505iS等で動作確認済
>続きを読む・・・携帯:DoCoMo機種だと「無効なデータを受信しました」と表示される件
1 Comment  0 Trackback  Permalink

ASPでのOracle接続プーリング処理サンプルメモ

ASP・VB・Excel

2005年01月21日

■global.asa内でOracle接続。

・global.asa
<OBJECT RUNAT=Server SCOPE=Application ID=OraSession
 PROGID="OracleInProcServer.XOraSession"></OBJECT>
<SCRIPT LANGUAGE=VBScript RUNAT=Server>
Option Explicit
Sub Application_OnStart()
  OraSession.CreateDatabasePool 1, 50, 60, "TEST", "scott/tiger", 0
End Sub
Sub Application_OnEnd()
  OraSession.DestroyDatabasePool
End Sub
</SCRIPT>



CreateDatabasePool
OraSession.CreateDatabasePool 初期値,最大値,タイムアウト(秒),DB名,ユーザーID/パスワード,オプション

>続きを読む・・・ASPでのOracle接続プーリング処理サンプルメモ
1 Comment  0 Trackback  Permalink

ASP:VB(VBA)で使えて、ASP(VBScript)では使えない関数

ASP・VB・Excel

2004年12月28日

StrConvIIf関数は、ASPでは使えません。。
以下、MSDNを参考。

>VBAの機能でVBScriptに含まれていない機能
0 Comment  0 Trackback  Permalink

ASP:ある文字で区切られた文字列を配列に展開するには

ASP・VB・Excel

2004年12月27日

split関数で可能。

Split関数
各要素ごとに区切られた文字列からゼロベースの1次元配列を作成し、返します。


>続きを読む・・・ASP:ある文字で区切られた文字列を配列に展開するには
0 Comment  0 Trackback  Permalink

ASP.NET:改行文字で文字列を分割

ASP・VB・Excel

2004年10月30日

【内容】
データベースから取得した項目に改行文字が入っている場合、
その改行文字で文字列の分割を行いたい

【方法】
StringReaderクラスを使用し分割する

argData:改行文字を含む項目

VB.NETの例
Dim wkReader As New StringReader(argData)
 Try
   While (wkReader.Peek() <> -1)
      Debug.WriteLine(wkReader.ReadLine())
   End While
 Catch ex As Exception
   Throw
 End Try


デバッグログに改行文字で改行されて出力される
0 Comment  0 Trackback  Permalink

Excel:ファイルを読み取り専用で開く

ASP・VB・Excel

2004年10月15日

以下の設定を行うと、Excelファイルを右クリックし、
ファイルの開け方を選択することにより読み取り専用で開くことができます。

1.エクスプローラを開き、「ツール」→「フォルダオプション」を開きます。

2.「ファイルの種類」タグをクリックし、拡張子XLSを選択します。

3.「詳細設定」ボタンをクリックします。

4.「新規」ボタンをクリックします。

5.「アクション」を記述します。
(なんでもかまいません。ここで記述した内容が右クリック時に表示されます)

6.「アクションを実行するアプリケーション」を記述します。
Excelを初期設定の場所にインストールしている場合は、以下のとおりでいけると思います。

"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE" /e /r %1
"C:\Program Files\Microsoft Office\Office\EXCEL.EXE" /e /r "%1"

初めのパスには、EXCEL.EXEがあるディレクトリィを記述してください。

7.「OK」ボタンをクリックし設定画面を閉じてください。

以上の手順を設定したら、Excelファイルを右クリックし、
上記で記述した「アクション」名が表示されているか、確認してください。

2 Comments  0 Trackback  Permalink

ASP.NET:DataGridに見出し(ヘッダ行)を表示し縦と横のスクロールを可能にする

ASP・VB・Excel

2004年10月12日

【内容】
DataGridに見出し(ヘッダ行)を表示し、縦と横のスクロールを制御をしたい
【方法】
ヘッダ行のDataGridと明細のDataGridを「Flow Layout Panelコントロール」上
に作成し明細の横スクロールの制御については、JavaScriptでヘッダ行をスクロールさせる。

■JavaScript

<SCRIPT language="JScript">
function scroll() {
document.all("DataGrid2").style.pixelLeft=divScroll.scrollLeft * -1;
}
</SCRIPT>



■明細行

<div id="pnlScroll" style="Z-INDEX: 104; LEFT: 10px; OVERFLOW: auto; WIDTH: 977px; POSITION: absolute; TOP: 155px; HEIGHT: 174px" onscroll="scroll()">
 <asp:datagrid id="DataGrid1" runat="server"
  CssClass="detillistlayout" BorderColor="#CCCCCC" 
  PageSize="1" AllowPaging="True" 
  AutoGenerateColumns="False" Height="20px" 
  ShowHeader="False">
 <Columns>
 <asp:BoundColumn DataField="A01">
 <ItemStyle Font-Size="14px"
 Wrap="False" Width="200px"></ItemStyle>
 </asp:BoundColumn>
 </Columns>
 ・
 ・
 ・
 ・
 </asp:datagrid>
</div>



■見出し行

<div style="Z-INDEX: 101; OVERFLOW: hidden; WIDTH: 960px; POSITION: absolute; TOP: 131px; HEIGHT: 24px">
 <asp:datagrid id="DataGrid2" style="POSITION: relative"
 runat="server" PageSize="1" AllowPaging="True"
 AutoGenerateColumns="False" Height="24px" BackColor="Silver">
 <Columns>
 <asp:BoundColumn HeaderText="10月18日(月)">
 <HeaderStyle Wrap="False" 
 height="25px" Width="200px"></HeaderStyle>
 </asp:BoundColumn>
 ・
 ・
 ・
 ・
 <asp:BoundColumn HeaderText="10月24日(日)">
 <HeaderStyle Wrap="False" height="25px" 
 Width="200px"></HeaderStyle>
 </asp:BoundColumn>
 </Columns>
 </asp:datagrid>
</div>


1 Comment  0 Trackback  Permalink

ASP.NET:Web.configで設定した内容を取得したい

ASP・VB・Excel

2004年10月10日

【内容】
データベース接続文字等の内容をWeb.configに設定し
その値をロジック側で取得する方法

【方法】

Web.configに以下を追加

<appSettings>
   <add key="conStringSql" value="Server=TEST01;Integrated Security=true;"/>
</appSettings>


ロジック側で

ConfigurationSettings.AppSettings("conStringSql")


で取得できます。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

ASP.NET:DropDownListのイベント発生について

ASP・VB・Excel

2004年10月09日

最近、ASP.NETによる開発を請けています。
初歩的なところで悩んでいる日々です。
随時、調べた内容等を載せていければと思います。

【現象】
DropDownListの項目選択を変更した場合に
DropDownList.SelectedIndexChangedイベントが発生しない

【解決】
DropDownListのAutoPostBackプロパティを”true”
に設定することでイベントが発生する。

16 Comments  0 Trackback  Permalink

ASP:更新したASP(HTML)が古い内容で表示されるのを回避する:キャッシュ

ASP・VB・Excel

2004年09月14日

ASPによるWEBシステム開発では、"Pragma", "no-cache"などの設定を、
IISサーバー側で設定したり、ASP内に処理を埋め込む事で
キャッシュ制御を実現できる。

また下記のような記述をHTMLのmeta属性として記述する事でも可能となる。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache" />
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache, must-revalidate" />
<meta http-equiv="Expires" content="-1" />



基本的には、この辺りの設定で”ユーザーが古い情報を見てしまう”といった、
ユーザーが自身のキャッシュを見てしまう現象は起きなくなるが、
システム開発者は、これらに加えて以下のような点に注意する。
>続きを読む・・・ASP:更新したASP(HTML)が古い内容で表示されるのを回避する:キャッシュ
0 Comment  0 Trackback  Permalink