Web Artisan Blog - ウェブ アルチザン ブログ

Java:JavaDocのパッケージ概要を表示したい場合

Java

2005年03月09日

ソースコードを保存してあるディレクトリ(パッケージ名のディレクトリ)に、package.htmlファイルを作成することによりパッケージ概要に表示されます。

package.htmlは以下のように記述します。

package.html


<HTML>
<BODY>
ここにパッケージ概要を記述します。<BR>
</BODY>
</HTML>



JavaDocで作成したパッケージのディレクトリに置いても反映されません。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

Java:クライアントのIPアドレスを取得したい場合

Java

2005年03月08日

HttpServletRequestのgetRemoteAddr()及び、getHeader("CLIENTIP")によって取得することができる。

しかし、クライアントがあるネットワーク環境がプロキシ等を使用していると、プロキシサーバ等のIPアドレスを取得してしまう為、ネットワーク構成に依存してしまいます。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

Java:クラスの名称を可変にして生成したい場合(振分処理など)

Java

2005年03月05日

各クラスを生成したい場合、通常はクラス名がわかっていないと生成できません。
しかし、ClassクラスのnewInstance()メソッドを使用することにより、生成することができます。

>続きを読む・・・Java:クラスの名称を可変にして生成したい場合(振分処理など)
1 Comment  0 Trackback  Permalink

strutsで配列型のフォームオブジェクトを使う方法(2)

Java

2004年08月24日

strutsで配列型のフォームオブジェクトを使う方法(2)

【解説】
一覧の更新を行う際にとても便利。
Strutsを使用して一覧データのForm内容(text)を取得する方法
前回のパターンよりこちらの方がJSPにスクリプトレットを埋め込む必要がない、ActionFormがシンプルと言う点でも優れていると思います。

>続きを読む・・・strutsで配列型のフォームオブジェクトを使う方法(2)
5 Comments  0 Trackback  Permalink

Struts:HttpServletRequestとSessionにセットされる値の保持の違いについて

Java

2004年07月30日

Actionクラスより、Jsp側に値を渡す場合、セッションに値をセットする方法として、HttpServletRequestに直接セットする方法と、Sessionにセットする方法があります。

どちらにセットしても、Jsp側で値を受け取ることができますが、値の保持方法が違います。

HttpServletRequestに値をセットする場合、値の保持は1Actionのみです。

例えば、ある一覧画面を表示する時に、一覧の表示内容をHttpServletRequestにセットしていた場合、表示した時点で、データは保持しなくなります。
なので、その画面でvalidateを使用してデータチェックを行った場合、もう一度、一覧内容を取得しなければなりません。

一方、Sessionに値をセットする場合、値の保持はセッションが切れるまで、ずっと保持し続けます。

なので、先ほどの場合だと、もう一度、一覧内容を取得する必要がありません。

よく考えてみると当たり前のことなのですが、私はこれで嵌っていたので、Tipsに上げてみました。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

strutsでCannot retrieve definition for form bean 「Actionフォーム名」エラーが発生

Java

2004年07月29日

JSP表示時にCannot retrieve definition for form bean 「Actionフォーム名」エラーが発生する
原因はstruts-config.xml <action-mappings>のnameで記述しいる
ActionFormが<form-beans>に存在しない為で
<form-beans>にActionFormを記述する事により解決
0 Comment  0 Trackback  Permalink

Strutsでfileタグを使用するには

Java

2004年07月28日

formタグのenctype属性に"multipart/form-data"をセットする。

上記を指定していないとString型でパスがActionFormに送られる。

上記を指定することにより、ActionFormでバイナリー形式のファイル情報を受け取ることができる。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

StrutsでServletException(array element type mismatch)が発生

Java

2004年07月28日

ActionFormと HttpServletRequestで保持している値の型が違う場合に発生する。

画面とActionFormのデータの型をあわせると回避できる。
0 Comment  0 Trackback  Permalink

StrutsでServletException(No getter method for property [項目名] of bean org.apache.struts.taglib.html.BEAN)が発生

Java

2004年07月28日

画面で[項目名]で値を保持しており(<html:hidden> タグにて値を保持している場合)、ActionFormに項目がなかった場合、発生する。

ActionFormに[項目名]の項目を作成するか、画面にて[項目名]で値を保持しないように修正すると、回避できる。
1 Comment  0 Trackback  Permalink

EclipseからTomcatを起動時に java.lang.NoClassDefFoundError: javax/management/MBeanRegistrationエラーが発生

Java

2004年07月09日

EclipseからTomcatを起動時に
java.lang.NoClassDefFoundError: javax/management/MBeanRegistrationエラーが発生

tomcatとtomcat pluginのバージョン互換問題
Version
Tomcat 4.1.3
Tomcat plugin 2.1.0
上記のバージョンでエラーが発生

Tomcat pluginのバージョンを2.2.0にする事で解決
0 Comment  0 Trackback  Permalink