Web Artisan Blog - ウェブ アルチザン ブログ

JS:XHTMLでValidなformのid属性の値をJavaScriptで取得する:getElementById

JavaScript・XHTML・CSS

2005年09月22日

アフィリエイトから企業サイト分析まで。訪問者の動きがまるわかりのアクセス解析サービス「リサーチアルチザンプロ」

LINEやSkypeみたいなビデオ通話がブラウザだけでできる!オンライン通話サービス「EZ-Interview - イージーインタビュー」

XHTMLが浸透していない現在の企業システム開発においては、
あるHTML画面のform部分のソースは大概こんな感じです。

<form name="Test" method="POST" action="/test.php" >


<input type="text" name="usercd" value="">
<input type="button" name="OK" value="OK">


</form>



で、JavaScript側では、
このformの「usercd」という名前のtext項目を以下のように参照します。

document.Test.usercd.value


しかし、XHTML的には、formのname属性はInValidです。
Validとするには以下のような感じにする必要があります。

<form id="Test" method="POST" action="/test.php" >


<input type="text" name="usercd" value="" />
<input type="button" name="OK" value="OK" />


</form>


※input項目のname属性は、formのname属性を意味合いが違うって事でValid。

で、id属性にした場合、上記のJavaScriptではスクリプトエラーとなります。
この場合は、getElementByIdで取得します。

document.getElementById("Test").usercd.value




・・しかし、これだけ取っても、
HTMLからXHTMLへの移行は簡単ではないですね。。

Web面接に最適。ブラウザだけでビデオ/音声通話ができるオンライン通話サービス。「EZ-Interview - イージーインタビュー」
訪問者録画機能も付いたシンプルで高機能なリアルタイムアクセス解析「リサーチアルチザンプロ」